アニメ好きがおすすめするEDなのにテンションが上がる曲10選

2019年11月6日アニメアニメ 曲

こんにちは!れおたです!

今回はEDなのにテンションが上がってしまう曲を紹介していこうと思います。

EDといえば作品にもよりますが悲しい感じだったりほのぼのしている感じなどが多くテンションが上がるような明るい曲というのは自分が見てきた中では多くありませんでした。

なので今回は上記にも書きましたようにテンションが上がってしまう明るいアニメEDを紹介してみます。

それではいきましょう!

血界戦線:シュガーソングとビターステップ

まず最初に紹介するのが「血界戦線」のEDです。アニメ好きの方なら1度は見たことがあるほど有名なEDですね。

おそらくOPは知らないけどEDは知っているという方が結構いるかと思います。

他のアニメでパロを作っている方も結構いてそういう動画をみるのは楽しくて好きです。

ED曲の「シュガーソングとビターステップ」を歌っているのは「UNISON SQUARE GARDEN」で一般でも活躍されているバンドです。

「UNISON SQUARE GARDEN」 は「TIGER & BUNNY」や「夜桜カルテット」などのOPを歌っていたりと聞いたことがある方はいるかと思います。

歌のうまさはもちろん高めの声などがよく若い方に人気がありますね。

このEDを見ているとつい踊ってしまいそうになるほどテンションが上がるのでぜひ観てみてください。

ナルト疾風伝:FLAME

次に紹介するのが「ナルト疾風伝」のED曲「FLAME」です。

初めて観たときはOPかと間違えるほどでした(笑)

ナルトは長いことアニメが続いてEDもたくさんありテンションが上がるものが結構あったのでどれにするか悩みました。

悩んだ末に個人的に一番印象に残っているこの曲にしました。

歌っているのは「DISH//」と呼ばれるバンドで「ナルト」ではもう一つED曲を歌っています。

他のアニメでは「銀魂」のOPで「勝手にMY SOUL」を歌っているので銀魂が好きな方は聞いたことがあるかと思います。

このEDはOPと言われても信じてしまうくらいの曲と映像ですので実際に観てもらいたいです。

天体のメソッド:星屑のインターリュード

このEDは「天体のメソッド」というアニメのEDで曲名は「星屑のインターリュード」です。

曲も明るくとても良いのですがなんといっても作画がとても良く具体的には重心の書き方がとてもうまいです。

他のOPやEDではあまり見られない独特なキャラの書き方なのでぜひ観てください!

曲を担当しているのは「fhána」でアニソン界では結構有名です。

他のアニメでは「小林さんちのメイドラゴン」や「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ ヘルツ!」など数多のOPとEDを歌っています。

なので一回は聞いたことがあったりするかもしれません。

イナズマイレブン:本気ボンバー

次は「イナズマイレブン」の「本気ボンバー」です。

イナズマイレブンはもろに世代だったのでものすごく記憶に残っています。

イナズマイレブンのED曲自体明るい曲が多いのですがその中でもこの曲がずば抜けて明るくテンションが上がります。

イナズマイレブンは長くアニメが放送されていてシリーズがありこの曲は「世界編」のものです。

歌っているのは「Berryz工房」と呼ばれるつんく♂がプロデュースしているグループです。

他のアニメでは「映画 プリキュアオールスターズ NewStage2こころのともだち」で歌っています。

今の大学生の人はもろに世代なので知っている方も多いと思います。

涼宮ハルヒの憂鬱:ハレ晴レユカイ

次に紹介するのは「涼宮ハルヒの憂鬱」の「ハレ晴レユカイ」です。

数多くのオタクを生み出したといっても過言ではないほどの有名なアニメですね。

EDはとても有名で世界中で人気があり13年たった今でも語り継がれています。

YouTubeで検索してみるとものすごい数の「踊ってみた」動画があり改めて驚愕しました。

エロマンガ先生:adrenaline!!!

エロマンガ先生」というアニメでEDは「adrenaline!!!」という曲です。

こちらもEDにしてはとても明るく元気があります。

このEDには特殊EDが何個かあって特殊EDの場合は出てくる人物が違ったりと楽しめます。

特殊OPは結構観たことがあるのですが特殊EDはほとんど観たことがなかったのでリアルタイムで見ていた時は感動しました。

曲は「TrySail」という声優さん3名のユニットが担当しています。全員有名な声優さんなので一度は聞いたことがあると思います。

機巧少女は傷つかない:回レ!雪月花

次に紹介するのは「機巧少女は傷つかない」というアニメの「回レ!雪月花」というEDです。

おそらくOPよりも知名度があるEDですね。OPと言われても信じてしまうくらいEDには見えないです(笑)

かなり有名なので説明するまでもないかもしれませがとてもクセになる曲調です。

良く音ゲーに収録されているので音ゲーマーの方なんかは聞いたことがあるかも知れません。

EDを歌っているのは「歌組雪月花」という本作の登場人物たちがボーカルを務めています。

ディメンションW:Contrast

次に紹介するのは「ディメンションW」というアニメの「Contrast」です。

こちらもOPみたいなEDでとてもかっこいいです。

歌もさながら作画も良く重心の書き方がとてもうまくリアルです。

かっこよさでいえば今回紹介した中では一番だと個人的には思っています。

アニメガタリズ:グッドラック ライラック

アニメガタリズ」というアニメのEDで「グッドラック ライラック」という曲です。

田中 秀和」さんというレジェンドが作曲していて他のアニメでは「這いよれ!ニャル子さん」や「アイドルマスター シンデレラガールズ」のOPなどたくさんの作曲を手掛けています。

なんといっても曲の転調が素晴らしくついつい何回も聞いてしまう魅力があります。

この「アニメガタリズ」のEDも一度聴いたらもう一回聴きたくなってしまいます。

遊戯王GX:太陽

今回最後に紹介するのは「遊戯王GX」のED「太陽」です。

遊戯王は名前だけならかなりの人が知っているほど有名でアニメも長いことシリーズをやっています。

その多くあるEDの中からこのEDを選びました。

個人的にめちゃくちゃはまった曲で今でも聴いています。

曲だけならすごくOPに聞こえるほどテンションが上がります。

歌は「BITE THE LUNG」というバンドが歌っています。

本当に良い曲なので一度は聴いてみてほしいです。

まとめ

いかがだったでしょうか?自分はテンションが上がる曲が好きなのでEDがテンションの上がる曲だととても印象に残ります。

EDといえば最初の方にも書いたように悲しい感じや落ち着いた感じでテンションが上がるような明るい曲は少ないのでこれからもっと増えていくことを願っています。

それでは今回はこのへんで終わりにしておきたいと思います。

最後まで読んでくださりありがとうございました!