どんなときもWi-Fiの審査は厳しい?【落ちる理由は?】

どんなときもWi-FiどんなときもWi-Fi 解説

どんなときもWi-Fiの審査は厳しい?【落ちる理由】

どんなときもWi-Fiを契約したい人「どんなときもWi-Fiの審査って厳しいのかな?落ちる理由は?」

 

今回はこの悩みを解決していきます!

 

この記事の内容

・どんなときもWi-Fiの審査
・どんなときもWi-Fiの審査に落ちる要因
・落ちるかもしれない原因

・どうすれば審査に受かる?

 

こんにちは!れおたです!

 

今回はどんなときもWi-Fiの審査について紹介していきたいと思います。

 

この記事を読めばどんなときもWi-Fiの審査について丸わかりです!

 

どんなときもWi-Fiの審査

どんなときもWi-Fiの審査

どんなときもWi-Fiの支払い方法は、クレジットカード払いと口座振替の2つがあります。

 

クレジットカード払いの場合は審査が甘いのですが、口座振替になると審査が厳しくなるんですよね。

 

・クレカ払いと口座振替
・口座振替の方が審査が厳しい

 

クレジットカードの場合

クレカ払いはすでにクレジットカード会社の審査を通っているため、どんなときもWi-Fiの審査に受かりやすいです。

 

さらに、クレカの場合は本人確認書類の提出が必要なく余計な手間が掛かりません。

 

・クレカ会社の審査に受かっているため審査が甘い
・本人確認書類の提出が必要ない

 

口座振替の場合

口座振替はお客自身が銀行の口座にお金を振り込んでもらわなければいけないので審査は厳しくなります。

 

さらに、本人確認書類の提出が必要になるので手間が掛かり面倒です。

 

どんなときもWi-Fiとしては、料金を支払ってもらえないお客と契約をしたくはないですよね。

 

なので審査を厳しくして確実にリスクを減らしたいというわけです。

 

・口座振替は審査が厳しい
・本人確認書類の提出が必要
・会社としてはリスクを減らしたい

 

どんなときもWi-Fiの審査に落ちる要因

どんなときもWi-Fiの審査に落ちる要因

どんなときもWi-Fiの審査に関しては公式から詳しい情報が公開されていないため審査に落ちる要因が分かりません。

 

ただそれでも、審査に落ちる可能性が高い原因があるので紹介します。

 

申し込みの内容に不備

どんなときもWi-Fiを契約するときに申し込む書類に名前や住所などの記入にミスがあると審査に落ちます。

 

名前や住所は「本人確認書類」と同じものを記入するようにしましょう。

 

本人確認書類

・運転免許証
・健康保険証
・パスポート
・住基カード

 

本人確認書類に不備がある

口座振替の場合、本人確認書類の提出が必要になります。

 

その本人確認書類に不備がある場合、高確率で審査に落ちます。

 

不備というのは、期限切れやサイズが小さく確認できないなど。

 

なので、しっかりと本人確認書類が見やすいようにしましょう。

 

・口座振替は本人確認書類の提出が必要
・期限切れなどには注意する

 

信用情報がブラックリストになっている

クレジットカードや住宅ローンが滞納になっている、もしくは滞納したことがある場合はブラックリストに載っている場合があります。

 

ブラックリストに載っている場合、審査に落ちやすいので注意しましょう。

 

・滞納したことがある場合はブラックリストに載っている可能性がある

 

落ちるかもしれない原因

落ちるかもしれない要因

次は、確実ではないですが落ちる原因になるものを紹介します。

 

ローンや借金の滞納が多い

車や住宅など、ローンの滞納が多いと審査に落ちやすくなります。

 

滞納が多いと「こいつ料金払わないな」と、どんなときもWi-Fiの会社は思いますからね。

 

・ローンの滞納が多いと落ちやすい

 

携帯電話料金の滞納

支払い状況は細かく調べ上げられるので携帯電話を滞納していても審査に落ちやすくなります。

 

どんなときもWi-Fiは2年契約と長いので確実に料金を支払える人と契約をしたいからですね。

 

・支払い状況を細かく調べ上げられる
・確実に料金を支払える人と契約したい

 

どうすれば審査に受かる?

どうすれば審査に受かる?

どんなときもWi-Fiに受かりたい場合は、クレジットカード払いにしましょう。

 

クレジットカードならば、ほぼ確実に審査に受かりますよ。

 

口座振替の場合は、申し込みの際に記入ミスがないようにし本人確認書類もしっかりとしたものを用意しましょう。

 

過去に滞納をしたことがない人だったらほぼ受かるので安心してくださいね。

 

まとめ

 

・クレカ払いの方が審査に受かりやすい
・滞納がある場合は審査に落ちやすい
・申し込みの際に記入ミスはないように
・本人確認書類はしっかりとしたものに

 

どんなときもWi-Fiはクレカ払いだと簡単に審査に受かるので、できるだけクレカ払いにしましょう。

 

口座振替の場合は過去に滞納をしたことがなければ審査に落ちることはほとんどないので安心してください。

 

それでは最後まで読んでくださりありがとうございました。