慣れればやりやすい!

2019年8月27日ゲーム

こんにちは!れおたです!

今回はPCでFPSゲームをやるメリット・デメリットを簡単に紹介しようと思います。

自分はもともとPSでFPSゲームをやっていましたが今ではPCでしかほとんどやっていません。

エイムを合わせやすい!

まずPCでやる一番のメリットはエイムを合わせやすいことだと個人的には思っています。

PSやXBOXなどのコンシューマーではエイムを合わせるのは相当慣れていなければ難しいですし限界があります。

ですがPCではマウスでエイムを合わせるのでコントローラーよりも直感的にそして簡単に相手にエイムを合わせることができます。

ぬるぬる

FPSゲームではフレームレートと呼ばれるものが重要になってきます。フレームレートは1秒間に何枚の画像を描写できるかというものです。

つまり多ければ多いほどぬるぬるになるというわけです。

PS4では60FPSしかでませんがPCではスペックを上げていけば120240とたくさんのフレームレートを出すことができます。

フレームレートを出すことができれば相手を視認することが早くなりますしより正確にエイムを合わすことができます。

お金がかかる

PS4やXBOXは4万円でもあれば買えますがPCでゲームをやろうとすれば本体だけで安くても10万円はいきます。

そしてフレームレートを出そうと思うと30万なんて金額もします。そこにディスプレイやマウス、キーボードなどもそろえると相当な金額になります。

学生にはすこし厳しいかもしれませんね。

エラーは自分で直す!

これはFPSゲームだけではなくPCゲーム全般にいえることですがたまにゲームが開けなくなることがあります。

よくあるのが「~ファイルが見つかりません」などです。これは自分でネットで調べて自分で直さなければいけません。

めんどうくさいですがしょうがないです。

まとめ

いかがだったでしょうか?今回は簡単に説明しました。

PCでゲームをしようとするとやっぱり多額のお金がかかります。ですがPCではいろいろなことができますし、まだPCを持っていない方にとっては憧れだと思います。

なので買って損はないと思います。

今回は以上になります。最後まで読んでくださりありがとうございました。

ゲーム

Posted by reo